事業者の運転者に対する指導及び監督の責務として

トラックの運行の安全を確保するために、トラック事業者は、運転者に対し、安全運行に必要な技能と知識を習得させ、他の運転者の模範となるべき運転者を育成に努めております。
また運転者に違反を起こさせないためにも、運転者に対する指導及び監督を継続的かつ計画的に実施おります。

トラック運行の安全性を向上させるために、運転者に対して必要とされる知識及び技能を習得させることに努めております。
また天候や道路の状況、その他運行に関する状況が運行ごとに異なることから、点呼等の場において、その運行ごとに必要な指導及び監督を日常的に実施しております。

デジタルタコグラフ

デジタルタコグラフは、時間、距離、速度等のデータのほか、エンジン回転数、アイドリン グ時間等のデータも記録される車載器です。
記録したデータはメモリーカードや通信によってパソコンにも記録され、データ解析が瞬時にできますので事故の予防となります。

安全運転日報

倉庫作業について

倉庫作業に伴う業務を行う場合は、安全の確認、安全具の装着などの徹底により事故の予防に努めております。

停車時輪止めの徹底

出発後は輪止めと車両に積んで保管して積み込み時、荷降ろし時輪止めをしております。

日常的な指導及び点呼の徹底

天候や道路の状況、その他の運行に関わる事項などについては、運行ごとに異なることから、乗務のたびごとに指導及び監督を実施しております、特に運行前の点呼において日常的に徹底実施しております。

運転者の状態を踏まえた指導及び監督

点呼において、運転者から疾病、疲労等により安全な運行ができない恐れがあるかについて報告を受けるとともに、運行管理者が酒気帯びの有無、運転者の健康状態、疲労の度合い、睡眠不足、異常な感情の高ぶり、歩き方、顔色などを確認しております。

トラックを運転する心構えとして

  1. トラック輸送の社会的重要性
    • トラック輸送の社会的に重要な役割 トラック輸送は、日本経済を支える物流基盤として、緊急・救援物資輸送を行うライフラインとして社会的に重要な役割を果たしていることを認識させましょう。
    • トラック事故が社会的に及ぼす影響の大きさ トラックの大きな車体は、大きな事故を引き起こす可能性があり、また、道路交通量の中でトラックの走行は大きな割合を占めているため、トラック事故が社会に与える影響の大きさを認識させましょう。
  2. トラック事故の社会的影響
    • トラックの運転が他の運転者に与える影響の大きさ トラックは、一般乗用車の運転者から見れば、車体の大きさ、長さなどの違いから、恐怖の対象と見られかねません。相手の立場に立った運転を心がけさせましょう。
    • 模範となる運転者としての心構え トラック運転者は、プロの運転者であるからこそ、模範となる運転者として、他の運転者の手本となるべき安全でマナーの良い運転や、健康管理を心がけさせましょう。
  • お電話でのお問い合わせはこちら 086-274-7778 メールでのお問い合わせ
  • お客様の声
  • ヒトミ通信
  • 車両紹介